③誠実性があることとは?

5大要件の中に「誠実性があること」という要件があります。

普通に仕事をしていれば特に難しい要件ではありませんが、建設工事では契約から完成まで期間がかかり、契約金額も高額になるので、取引が事業者の信用を前提として行われるという前提で求められる要件です。

具体的には、

「申請者が法人である場合においては当該法人、その非常勤役員を含む役員等、申請者が個人である場合においては、申請者本人、試合認及び営業所の代表者が、建築士法・宅地建物取引業法等の規定により不正又は不誠実な行為を行ったことをもって免許等の取消処分を受け、その最終処分から5年を経過しない者である場合には、基準を満たさない」ものとして扱われます。

また法人の役員または個人事業主が暴力団の構成員である場合にも許可はおりません。