自動車の名義変更に必要な書類について

自動車を中古で購入した時や、個人間で売買した時などには自動車の名義変更手続き(移転登録)が必要となります。

自動車の名義変更と言っても、自動車に名前が刻んであるわけではなく「車検証」の所有者(使用者)を変更することにより行います。

この手続きを行わないと、毎年納付する自動車税が旧所有者に納付請求書が送られたり不都合が出ますので確実に行いましょう。

 

必要書類一覧

・車検証(原本)

・申請書(OCRシート、陸運局内で入手可能)

譲渡証明書(旧所有者が署名・押印し発行)

・印鑑証明書(新旧所有者が原本1部ずつ用意)

・自動車保管場所証明書(車庫証明)※必要な地域のみ

・ナンバープレート(他県からの転入やナンバー変更する際のみ)

・税申告書

・手数料納付書(陸運局備付、印紙購入し貼付)

委任状(行政書士等、他人に手続きを依頼する場合)

・住民票(軽自動車の場合新所有者のみ)

 

上記書類の中でケースバイケースで必要な書類を揃えれば名義変更手続きが行えます。

上記書類は新旧所有者両者が署名・押印をしなければいけない書類もありますので、あまり面識のない方との間では、行政書士に依頼された方がスムーズに手続きが行えます。

 

また、普通車の場合書類に押す印鑑は実印ですが軽自動車の場合認印で良いなどという違いもありますので、ご不明な点はお問い合わせください。