車検証の再発行手続きについて

・2年に1回の車検を受けようと思ったら、車検証が無い!

・車を売ったので、名義変更しようと思ったら車検証が無い!

 

車の手続き上のトラブルで意外と多いのが、車検証の紛失です。

それは、前回車検を取ってから、ダッシュボードに入れていたつもりが入ってないとか、そもそも車を買った時から車検証を1度も見たことがないというケースが多いためです。また取り出してみたら、破けてしまった!とか車検証にコーヒーなどをこぼしてしまい、字が読めなくなっているなどもあり得ます。

そんな場合でも、車検証を再発行することが出来ます。

 

車検証を再発行するための必要書類

行政書士事務所に依頼する場合

・使用者の委任状

・車検証(汚損したものが残っている場合

理由書(使用者の押印のあるもの)

 

ご自身で手続きをする場合

・使用者の委任状

・車検証(汚損したものが残っている場合

・理由書(使用者の認印があるもの)

・申請者の身分証明書

・手数料納付書(運輸局内備付)

・申請書(運輸局内で購入)

上記書類を揃えれば再発行手続きは出来ます。

その他に、運輸局に支払う手数料が400円程度、行政書士事務所などに依頼する場合には、代行費用も別途かかります。