建設業個人事業主から法人化するメリット、デメリット

建設業許可は、個人であっても法人であっても取得することができます。

ですが、個人で取得した建設業許可を法人化したからといって引き継ぐことはできません。

なので、個人として許可をもっていても法人化すれば再度新規で建設業許可を取得しなくてはいけないため、新たに費用がかかってしまいます。

新規でこれから建設業許可を取得しようと思われている方が、法人成りしてから許可を取得した方が良いかどうか迷っている方は参考にしてみてください。

法人化するメリット

1.事業を継続することができる

個人で取得していた建設業許可は、取得された方に与えられた許可となりますので、いずれ許可を受けた方が亡くなられてしまった場合には、相続人の方が事業を引き継ぐことになっても許可を引き継ぐことはできないため、改めて相続人の方が新規で許可を取得しなくてはいけません。

逆に法人として許可を取得していれば、建設業許可要件(経管や専任技術者)を満たす限り、そのままの許可で事業を継続することができます

2.有限責任になる

個人事業主のままであれば、その事業の責任や負債・債務に関して無限責任を負いますので、多額の負債を抱えてしまった場合、個人の資産を充ててでも返済しなくてはいけません。

法人化することにより、無限責任から有限責任となりますので、会社が債務を抱えても出資した以上に責任を負うことはありません。

※代表者等が会社の債務に連帯保証人となっている場合は除く。

3.信用度が高くなる

一般的に個人事業主よりも法人の方が信用度は高いです。。

法人化することで、法務局で登記簿を閲覧できるようになるため、新規取引を開始する前にどういった会社なのかを確認するというケースもあります。そういった場合、個人事業主だと法務局で確認できないため、大手企業と取引したいという場合は法人化するメリットとなり得ます。

ただ、取引先が地場企業であったり何年も継続して取引している先がいくつもある場合は、それほど法人化するメリットが大きいわけではありません。

4.資金調達しやすくなる

法人化することで、信用度が高くなる点と関係してきますが、金融機関から借入れする際などは法人の方が信用度が高いため有利になります。

個人事業主のままでも、日本政策金融公庫などからの借入れは可能ですが、銀行から融資を受ける際には個人事業主の方が条件面(第三者の保証人など)で厳しくなります。

5.節税面

個人事業主は所得が増えれば増えるほど税率が高くなりますが、法人化すると利益が増えても法人税は一定税率ですので節税になります。そのため売上が大きい場合は法人の方が支払う税金が安くなります。

また、法人化することで経費として認められる費用も増えるため結果として節税に繋がる場合もあります。

さらに、資本金1000万円未満で設立した場合、設立当初1年間は消費税も免税(一定要件を満たせば、最大2年間まで可能)できるのでこの点は大きなメリットとなります。

6.人材面

個人事業主でも人材確保は出来ると思いますが、一般的には法人の方が人材は集まりやすいです。優秀な人材を確保して事業を大きくしたい場合には法人化するメリットは大きいと言えます。また、健康保険や厚生年金にも加入するため採用する際のアピールになりますし、退職後の収入面も安心感はあります。ただし売上が厳しい場合は負担となる場合もありますので、その点は十分検討する必要があります。

法人化するデメリット

1.費用がかかる

法人を設立する場合には、定款認証や登録免許税など30万円前後は必要となります。

2.事務手続きが複雑

法人の場合、会計処理・税務申告など個人事業主の時よりも複雑になります。ご自身で手続き出来ない場合は、税理士に処理を依頼することになると思いますが、その報酬費用などはかかります。また法人ならではのルールで役員の変更登記など個人事業主の時よりも事務手続きの負担は大きくなります。

3.社会保険が義務となる

メリット面であった厚生年金や社会保険が、売上が厳しく従業員がいる場合、その保険料が負担となります。

4.赤字でも税金を払わなくてはいけない

法人の場合、赤字であっても納めなくてはいけない税金(地方税)が発生します。

 

上記のように、どちらかと言うとメリットの方が多い法人化ですが、事業規模などによって全てがメリットとなるわけではありません。法人化を検討する場合は税理士や社会保険労務士などにもご相談した上でご検討ください。もちろん当事務所でもご紹介致しますので、法人化を検討されている事業主様はご相談ください。

出張相談受付しております。お気軽にお問い合わせください。

~出張相談対応地域~

青森市・青森市浪岡・弘前市・平川市・黒石市・五所川原市・つがる市・藤崎町・板柳町・大鰐町・鶴田町・田舎館村