建設業許可を取得した後の手続きは?

建設業許可を取得した後にもさまざまな手続きを行う義務が建設業者に課せられます。

 

1、更新手続き(5年後)

2、決算変更届の届出(毎事業年度終了後)

3、各種変更届(随時変更後)

 

上記手続きをきちんと行わないと、継続して建設業を営むことができなくなります。

その他、経営事項審査を受けて入札参加資格を取得するなども、建設業許可取得後に発生します。

また、継続して営業していると新に許可がとれる業種が発生している場合もあり、その場合業種追加を行ったり、法人成りした後に再度、建設業許可を新規で取得する場合もあり得ます。

 

また、建設業許可を取得された業者様には義務が課せられます。

 

①許可行政庁への変更の届出義務

②標識の掲示、帳簿の備付と保存及び営業に関する図書の保存義務

③契約締結に関する義務

④工事現場における施工体制等に関する義務

⑤下請代金の支払いに関する義務

 

上記義務に違反した場合には、行政処分(業務改善命令、営業停止、許可の取消し)の対象になるばかりか、刑罰が化せられる場合もありますのでご注意下さい。

 

当事務所では、建設業許可取得後もサポートしていきます。

細かい手続きは当事務所にお任せして、本業に打ち込んで下さい。