経営事項審査申請等の確認書類簡素化について

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため郵送で、申請している経営事項審査申請ですが一部書類が簡素化されます。

簡素化されるのは、工事経歴の内容確認に係る契約書・請書及び注文書等と技術職員名簿の資格確認書類です。

工事経歴の内容確認に係る契約書・請書及び注文書等について

工事の契約書、請書及び注文書等は、審査対象年度の工事経歴書に記載した工事の内、申請業種ごとに請負代金の上位3件(元請・下請問わず)について提出が必要となります。(変更前は上位5件)

技術職員名簿の資格確認書類について

技術職員名簿(経営事項審査の事前確認)の確認として青森県建設技術センターに提出している資格証の写しは、過去の事前確認において既に提出している場合、有効期限に定めがないものに限り、再度の提出が不要となります。

有効期限の定めがないものでも、有資格区分コードを変更する場合や新規掲載者がいる場合は、提出が必要です。

有効期限に定めがある【監理技術者資格証】や【登録基幹技能者講習修了証】などは毎回提出が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です