大臣許可の経営事項審査の運用変更

大臣許可の経営事項審査の確認資料運用変更について

令和元年6月1日以降申請受付分の大臣許可(東北地方整備局管内)の経営事項審査について変更がありました。

それまでは「工事経歴書に記載されている工事のうち、元請・下請の区別なく上位10件分の契約書等(申請業種ごと)」の提出が求められていましたが、6月以降は上位5件分へと変更されました。

今回の変更によって、用意する書類が削減され経審を受審される業者の皆様の負担が少しは減ることとなりました。

 

当事務所では、許認可手続き専門行政書士として建設業許可申請から決算届、経審まで一連でサポートしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です