建設業許可更新について

建設業許可を取得した業者様は、5年に1度建設業許可を更新する必要があります。

もし、有効期間内に更新を手続きをしなかった場合、許可がなくなり改めて、新規で許可を取得しなくてはいけませんので、ご注意ください。

※青森県では許可満了の通知が行われていませんので、ご自身で満了日を確認して手続きを行うことになります。

 

建設業許可を更新するためには?

①許可満了日の2ヶ月前から30日前までに更新手続きを行うこと(大臣許可の場合3ヶ月前から)

②経営業務管理責任者(経管)と専任技術者が常勤していること

③毎事業年度、決算変更届を届け出ていること

④商号、営業所などに変更があった場合にその変更を届け出ていること

 

上記要件が求められます。

①については30仮に許可満了日前30日を過ぎても更新手続きを行うことは可能ですが、必ず許可満了日前に申請しなくてはいけません。また30日を過ぎてからの申請の場合、始末書等を求められる場合もありますので、余裕を持って更新手続きは行いましょう。

②について、新規で許可を取得した際と同じ要件ですので、社会保険の保険証などで証明します。

③について、毎事業年度4か月以内に決算変更届を届出ていないと、許可の更新が出来ません。もし許可を取得してから1度も決算変更届を届出ていない場合などは更新手続きの前に決算変更届を提出してから更新を行うことになりますので、スムーズに更新できませんし、場合によっては許可満了日を経過してしまう可能性もあります。またこの決算変更届を提出していないと経審も受けれませんので、ご注意下さい。

④についても③と同様に、商号や経管などに変更が生じた場合、変更届を提出しないと更新手続きが受けれませんのでご注意ください。

 

更新にかかる費用は?

更新をする際にかかる費用は、知事許可・大臣許可共に法定手数料として50,000円かかります。

同じ県知事許可であれば何業種取得していても、更新時にかかる法定手数料は同じですが、一般建設業許可と特定建設業許可の場合ですと100,000円となります。

 

建設業許可の更新が間近に迫っている青森県内の業者の皆さま、是非当事務所にご相談下さい。