建設業許可の更新申請を忘れてしまった場合

建設業許可の有効期限は許可を受けた日から5年間となっており、更新申請は一般建設業許可の場合有効期限の2カ月前から30日前までの間に更新申請を行う必要があります。

①まだ更新申請をしていないが、有効期限がまだ残っている場合

更新申請を忘れてしまい、30日前の期限を過ぎてしまっているものの、有効期限はまだ残っている場合は、大至急更新申請を行いましょう

30日前までに更新申請を行う必要がありますが、30日前を過ぎてしまっても、申請さえすれば許可の更新ができます。

30日前までに更新手続きを行うこととされているのは、申請後の書類の不備に対応したり、行政側の審査期間、許可証を発行して手元に届くまでの期間とされているため30日前までに手続きを行う必要があるのです。

新しい許可証が届くのが有効期限を過ぎてから届く恐れがありますが、有効期限前に申請すれば現在の許可を維持することができます。

②更新申請をしないで、有効期限が過ぎてしまった場合(許可切れ)

この場合、残念ながら許可が切れてしまい改めて新規申請を行う必要があります。

更新ではなく新規扱いになりますので、添付書類も増えますし500万円以上の資金証明が必要となる場合もあります。

さらに県に支払う県証紙代も更新申請の場合5万円なのに対し、新規申請は9万円と増えてしまいますので、忘れずに更新申請を行うことが望ましいです。

青森県の場合、有効期間を過ぎてしまって新規扱いになっても許可番号が引き継げるケースもあります。

手続き上は新規申請でも許可番号を引き継ぎたい場合は、早めにご相談下さい。

 

更新期限、有効期限が近い方や許可が切れてしまったけど許可番号を引き継ぎたい方は当事務所までご相談下さい。

新規申請、更新申請、業種追加、決算変更届、経審など建設業許可手続きは当事務所にお任せください。

 

~対応地域~

青森市、弘前市、五所川原市、黒石市、藤崎町、板柳町、大鰐町、鶴田町、田舎館村