太陽光パネル設置に必要な許可は?

近年、太陽光パネルを屋根に設置する一般家庭や、休耕地などにメガソーラーを設置する事業者も増えてきました。

では、その太陽光パネルやメガソーラーを設置する際に必要な建設業許可は何でしょう?

発電だから電気工事?屋根に取り付けるパネルは屋根工事?

当事務所でもその様な問い合わせが多く、太陽光発電装置の設置は必要な許可が何になるのか紛らわしいと思われます。

その点ですが、建設業許可事務ガイドラインでは以下のように記載されています。

屋根一体型の太陽光パネル設置工事は、『屋根工事』に該当する。太陽光発電設備の設置工事は『電気工事』に該当し、太陽光パネルを屋根に設置する場合は、屋根等の止水処理を行う工事が含まれる。

 

基本的には電気工事業が必要となりますが、屋根と一体型の太陽光パネルを設置する場合には屋根工事業が必要ということです。

しかしながら、新築住宅の屋根にソーラーパネルを設置するなどの工事内容によっては建築一式が必要になるケースもありますので、注意が必要です。

その他、実際に当事務所が青森県庁に確認した内容ですが、メガソーラー設置工事で基礎部分や架台部分の設置のみ請け負う場合には、『とび・土工・コンクリート工事』に該当するとのことでした。

考え方については各都道府県により若干違うため、事前に確認しておくことをお勧めします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です